公爵閣下の真珠姫

著者:弓月あや イラスト:葛西リカコ

公爵閣下の真珠姫

「君を手に入れるためなら、どんな卑劣な真似でもできる」
家族を亡くした玲於奈は、親類達に虐げられていた。ある雪の日、墓石に縋り死を願う玲於奈の前に、公爵家当主・オリヴィエが現れる。そして震える玲於奈を介抱してくれた。彼に請われて、玲於奈は公爵家で働くことに。その仕事は着物をまとい、健康的な生活を送ること。戸惑う玲於奈に、彼は微笑むだけだった。そして情熱的に繰り返される甘い囁きに流されるまま、玲於奈もオリヴィエを愛するように。だが彼が見ていたのは、玲於奈の亡き母の面影で……。
けれど玲於奈は、この愛を失いたくはなかった。たとえ身代わりでしかないとしても――。

試し読み
 
2016年10月13日 公開

「君を手に入れるためなら、どんな卑劣な真似でもできる」
家族を亡くした玲於奈は、親類達に虐げられていた。ある雪の日、墓石に縋り死を願う玲於奈の前に、公爵家当主・オリヴィエが現れる。そして震える玲於奈を介抱してくれた。彼に請われて、玲於奈は公爵家で働くことに。その仕事は着物をまとい、健康的な生活を送ること。戸惑う玲於奈に、彼は微笑むだけだった。そして情熱的に繰り返される甘い囁きに流されるまま、玲於奈もオリヴィエを愛するように。だが彼が見ていたのは、玲於奈の亡き母の面影で……。
けれど玲於奈は、この愛を失いたくはなかった。たとえ身代わりでしかないとしても――。


試し読み
 
2016年10月13日 公開

「いいね!」すると更新通知が届きます。