小説 千本桜 壱

著者:一斗まる イラスト:一斗まる

小説 千本桜 壱

家族と花見を楽しんでいた14歳の少女・初音未來は、千本桜と呼ばれる桜の森に迷い込んで意識を失ってしまう。目を覚ました彼女がいたのは別の世界、大正一〇〇年の帝都桜京だった。
やがて未來は帝都を守護する神憑特殊桜小隊に入隊し、隊長の海斗をはじめ鈴と錬、鳴子らとともに妖異・影憑と命懸けで戦うことに。
初音未來らの凛々しくも儚い姿を描く大正ロマン、ここに開幕!

いいね!総数10

家族と花見を楽しんでいた14歳の少女・初音未來は、千本桜と呼ばれる桜の森に迷い込んで意識を失ってしまう。目を覚ました彼女がいたのは別の世界、大正一〇〇年の帝都桜京だった。
やがて未來は帝都を守護する神憑特殊桜小隊に入隊し、隊長の海斗をはじめ鈴と錬、鳴子らとともに妖異・影憑と命懸けで戦うことに。
初音未來らの凛々しくも儚い姿を描く大正ロマン、ここに開幕!


ご感想ありがとうございました。
引き続きpixivノベルをお楽しみください