旧暦編纂のサイダーセブン

著者:押谷西 表紙:7.7.4

旧暦編纂のサイダーセブン

もっと考えなさい。わたしの嘘が見破れなかったら、

あなたは死ぬのだから。

〝機械″と人間が共存する近未来。〝機械″が人を殺した事件によって失われた過去の歴史を埋めるため、歴史家・サイダーセブンは、人を殺した〝機械″・ミルムルグと対面する。「過去の話をする代わりに、話の中に忍ばせた嘘を見破れ。見破れなければ、きみには死んでもらう」。かくして、生死をかけた二人の対話が始まった――。話の嘘は何なのか? そして失われた歴史に隠された真実とは? 生きる者の尊厳と愛の形を問うSFエンターテイメント小説。ピクシブ文芸大賞「pixiv賞」受賞作。

いいね!総数40

もっと考えなさい。わたしの嘘が見破れなかったら、

あなたは死ぬのだから。

〝機械″と人間が共存する近未来。〝機械″が人を殺した事件によって失われた過去の歴史を埋めるため、歴史家・サイダーセブンは、人を殺した〝機械″・ミルムルグと対面する。「過去の話をする代わりに、話の中に忍ばせた嘘を見破れ。見破れなければ、きみには死んでもらう」。かくして、生死をかけた二人の対話が始まった――。話の嘘は何なのか? そして失われた歴史に隠された真実とは? 生きる者の尊厳と愛の形を問うSFエンターテイメント小説。ピクシブ文芸大賞「pixiv賞」受賞作。


ご感想ありがとうございました。
引き続きpixivノベルをお楽しみください