わが家は幽世の貸本屋さん-残月の告白と妖しい秘めごと-
わが家は幽世の貸本屋さん-残月の告白と妖しい秘めごと-
著者:忍丸 イラスト:六七質
最新話を読む

作品紹介

ついにお互いの想いに気づいた夏織と水明。
しかしそんな二人を貸本屋最大のピンチが待ち受ける。化け狐の白蔵主が、娘が人間に恋をしたのは店の本を読んだからだ、と怒鳴り込んできたのだ。

「幽世に貸本屋など必要ない!」

白蔵主の過激な言葉に東雲もヒートアップ!
このままでは狐の炎と龍の雷で貸本屋が燃えてしまう。そう危惧した夏織たちは白蔵主の怒りを鎮めるために、日本の三大狸に協力を要請。
彼らを説得するため、旅立つのだが……。

人と人、人とあやかし──さまざまな恋愛を綴った貸本屋シリーズ最高の恋物語!!