鬼へ鳴く月へ笑う

著者:青暮波緒 イラスト:アオイ冬子

鬼へ鳴く月へ笑う

鬼を討つ役目「警鬼官」の痩月は、伝説の琴「鬼鳴琴」を持つ少女・紗雨を、むりやり鬼討ちに参加させる。共に過ごすうち、痩月は紗雨を好きになっていくが、出自への劣等感からその想いを封印しようとする。一方、紗雨も痩月に惹かれていくが、彼女には秘密があり…!?  お互い孤独に生きてきた青年と少女の切ない恋を瑞々しく描く、異世界ファンタジー! 第10回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門読者賞受賞作! 

鬼を討つ役目「警鬼官」の痩月は、伝説の琴「鬼鳴琴」を持つ少女・紗雨を、むりやり鬼討ちに参加させる。共に過ごすうち、痩月は紗雨を好きになっていくが、出自への劣等感からその想いを封印しようとする。一方、紗雨も痩月に惹かれていくが、彼女には秘密があり…!?  お互い孤独に生きてきた青年と少女の切ない恋を瑞々しく描く、異世界ファンタジー! 第10回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門読者賞受賞作! 


ご感想ありがとうございました。
引き続きpixivノベルをお楽しみくださいIcon favorited small