倫敦夜啼鶯
倫敦夜啼鶯
著者:夢乃咲実 イラスト:八千代ハル
最新話を読む

作品紹介

ルーイは弟分のサミィの面倒を見ながらその日暮らしをする孤児。仕事で過分なチップを支払った紳士に返金を申し出たルーイは、歌うことを条件にその紳士、ドクター・ハクスリー宅に住み込むことに。不眠を患うドクターは、ルーイがサミィに歌った子守唄で安眠を得られたのだという。優しく温かい人柄の一方で生活力に難ありなドクターの身の回りの世話をし、夜は記憶の片隅にある歌を歌う。やがてその歌声は周囲の耳目を集めることになるが、孤児時代の自分を知られたくない思いやドクターへの想いでルーイは葛藤することに…。

倫敦夜啼鶯 (シャレード文庫)
夢乃 咲実・八千代 ハル
購入する
発売日:2020年05月25日(月)
プロポーズは花束を持って ~きみだけのフラワーベース~ (シャレード文庫)
夢乃 咲実
購入する
発売日:2020年01月24日(金)
花は獅子に護られる (シャレード文庫)
夢乃 咲実
購入する
発売日:2019年06月24日(月)
お側にいます いつまでも (二見書房 シャレード文庫)
夢乃 咲実
購入する
発売日:2019年01月24日(木)
王の至宝は東を目指す (二見書房 シャレード文庫)
夢乃 咲実
購入する
発売日:2018年07月24日(火)
電気執事は恋の夢を見るか (二見書房 シャレード文庫)
夢乃 咲実
購入する
発売日:2017年11月24日(金)