九尾狐家妃譚 ~仔猫の褥~

著者:鈴木あみ イラスト:コウキ。

九尾狐家妃譚 ~仔猫の褥~

九尾狐王家の世継ぎ・焔来の遊び相手として幼い頃から仕えてきた猫族の八緒。出逢ったときから惹かれてやまないその焔来が、初めての床入り「御添い臥し」を行うことに。経験があると偽って、焔来への想い一つでその御役目を勝ち取った八緒は、本当のことを言えぬまま許されぬ関係を続けることになる。種族が違うから、焔来の仔狐を産むことはできない。添い遂げることもできない…切ない想いを胸に秘める八緒だが、身に覚えのない仔を孕み!?

2巻の試し読みはコチラから→https://novel.pixiv.net/works/357
3巻の試し読みはコチラから→https://novel.pixiv.net/works/822

第一話を読む
序 
2016年05月06日 公開

九尾狐王家の世継ぎ・焔来の遊び相手として幼い頃から仕えてきた猫族の八緒。出逢ったときから惹かれてやまないその焔来が、初めての床入り「御添い臥し」を行うことに。経験があると偽って、焔来への想い一つでその御役目を勝ち取った八緒は、本当のことを言えぬまま許されぬ関係を続けることになる。種族が違うから、焔来の仔狐を産むことはできない。添い遂げることもできない…切ない想いを胸に秘める八緒だが、身に覚えのない仔を孕み!?

2巻の試し読みはコチラから→https://novel.pixiv.net/works/357
3巻の試し読みはコチラから→https://novel.pixiv.net/works/822


第一話を読む
序 
2016年05月06日 公開

「いいね!」すると更新通知が届きます。

  • 2016年05月06日 公開
  • 2016年05月13日 公開
  • 2016年05月20日 公開