いとしのテディベア

著者:小宮山ゆき イラスト:三田織

いとしのテディベア

何事もスマートでありたい一条の目には、ふくよかで穏やかな同僚の十和田はどうにも鈍くさく映る。そんな十和田から妙に親切にされて「そういう趣味はない!」とはねつけるが、十和田に恋愛感情はなく、一条と“友達になりたかっただけ”らしい――という、気恥ずかしい誤解と和解を経て友人付き合いを始めたふたり。今まで見えずにいた十和田のすばらしさにみるみる惹かれていく一条だが……。

Nicoいいね!総数5

何事もスマートでありたい一条の目には、ふくよかで穏やかな同僚の十和田はどうにも鈍くさく映る。そんな十和田から妙に親切にされて「そういう趣味はない!」とはねつけるが、十和田に恋愛感情はなく、一条と“友達になりたかっただけ”らしい――という、気恥ずかしい誤解と和解を経て友人付き合いを始めたふたり。今まで見えずにいた十和田のすばらしさにみるみる惹かれていく一条だが……。


ご感想ありがとうございました。
引き続きpixivノベルをお楽しみくださいIcon favorited small